プロフィール

風のまち音楽祭実行委員会

Author:風のまち音楽祭実行委員会
群馬県前橋市の中心市街地で開催される「風のまち音楽祭」の公式ブログです。

☆風のまち音楽祭とは?
 ・・・「街並みと音楽との調和・共生」を目指して、中心市街地で開催する市民参加型の音楽祭です。

twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
5051位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スタッフブログ
523位
アクセスランキングを見る>>
風のまち音楽祭QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2017.09
15

10月1日にご出演のゲストミュージシャンをご紹介いたします!

会場:中央イベント広場A
時間:16:00~


■福田 重男(pf)

 1980 年プロ・デビュー。神崎オン・ザ・ロードをかわきりにジョージ・大塚マラカイボ、秋山一将グループ、鈴木良雄MATSURI、植松孝夫グループ、MALTA HIT&RUN、向井滋春グループ、PARADOX等のグループでの活動のほか、松本英彦、渡辺貞夫、日野皓正、日野元彦、山口真文、大友義雄、土岐英史、橋本信二、道下和彦、五十嵐一生、河原秀夫、布川俊樹、セシル・モンロー、チャリート他のミュージシャンと共演。
 この間に6枚のリーダーアルバムを残し、数多くのアルバムに参加する。
またロン・カーター、アル・フォスター、ピーター・アースキン、マーク・ジョンソン、ジョー・チェンバース、アイラ・コールマン他海外のミュージシャンともレコーディング&ライブ等で共演する。
  現在は自己のトリオ(奥平真吾d)、TRIO’(市原康d、森泰人b)、藤陵雅裕saxグループ、三木俊雄tsフロント・ページ・オーケストラ、布川俊樹gとのDUO、数多くのボーカリストのサポート、作、編曲、スタジオワーク等で活動中。
 また1997年よりヤマハミュージックの講師として後進の指導にあたっている。
 執筆 Jazz Life 連載(1989~2005)「月間スタンダード」「スペシャル・ピアノ・アレンジ」
 2017年9/6.布川俊樹との双頭バンドによる「Old Boys' Dreams」をリリース、絶賛発売中!

<福田 重男 オフィシャルHP>

sigeo




■布川 俊樹(gt)

 1958年7月29日東京生まれ。 日本を代表するコンテンポラリージャズギタリスト。
 中学時代にマイルス・デイヴィスを聴いてジャズに目覚める。東京工業大学在学中から様々なコンテストで優勝し、1981年ミッキー.カーチスのサポートでプロ活動開始。85年マルタHit&Runに参加。
 その後幅広い音楽活動のかたわら、VALIS(ヴァリス)を率いてデビュー作「ヴァリス」(91年)から2003年解散までに5枚のアルバムをリリース。その他大ヒットした「ウルトラマンジャズ」(98年)はシリーズ化して全5作、ピーター.アースキン、マーク.ジョンソンらとのLA録音「ディパーチャー」(99年)、納浩一とのDuoRama 3作、山木秀夫を迎えたトリオアルバム「ブラッドトリオ」(04年)、初のスタンダード作品「スタンダードジャズプロジェクト」(09年)、福田重男とのデュオ作品「Chlldhood's Dream」(11年)、2017年は「布川俊樹SJPトリオライブ~天空の滝」、福田重男との2作め「Old Boys' Dreams」など立て続けにアルバムをリリースしている。
 また教則本、映像も多数あり「ジャズ.ギターの金字塔」はベストセラー。2015年には最新教則本「布川俊樹のThe Standard Jazz Guitar」も発売した。洗足学園音楽大学ジャズコース講師を2000年より務めている。

<布川 俊樹 オフィシャルHP>

02布川俊樹




■コモブチ キイチロウ(ba)

 1966年東京生まれ香港育ち。15歳でベースを始める。
 以来、ジャズ、R&B、サンバ、ボサノヴァ、ラテン、フラメンコなど 世界中の様々な音楽家との交流で音楽の素晴らしさを経験吸収しながら グローバルな音楽を強く目指している。
 渡辺貞夫、渡辺真知子、マリーン、玉置浩二、渡辺香津美、カルロス菅野、 小野リサなど国内外コンサートツアー、レコーディングに参加。

<コモブチ キイチロウオフィシャルHP>

コモブチキイチロウ




■奥平 真吾(ds)

 1966年、東京都出身。9才の時にジャズクラブのセッションにおいてドラミングを披露、11才の時にデビュー・アルバムをリリース、24才の時に更なる飛躍を求めてニューヨークに移り住む。その19年間のニューヨーク生活において、ベテランといわれるミュージシャンから、中堅や同年代のミュージシャン達との交流は数多く、ニューヨークに於いてSHINGOの愛称で親しまれる。ニューヨーク滞在中には、奥平真吾のニューヨーク・ユニットとして日本国内のツアーも幾度か行っている。
 2010年7月に日本へ帰国、これを機に奥平真吾The Forceを再編し、 ドラマーをリーダーとする先鋭的なバンドとして活動を行っている。
 ピュアなジャズドラマーとして世界が認めるドラム奏者である。
 リーダー・アルバムは1978年「処女航海」、1995年「キリフィ」、1996年「マコンデ」、1998年「アリセマ」、2009年「ザ・フォース」、2013年「アイ・ディドント・ノウ・ホワット・タイム・イット・ワズ」の6作品をリリースしている。

<奥平 真吾 オフィシャルHP>

sigeo




☆風のまち音楽祭公式Twitter☆
スマートフォン・ケータイの方はこちら☆

 アカウント→@kazemachimusic
 ハッシュタグ→#風まち

☆風のまち音楽祭公式facebook☆


スポンサーサイト

Comment

非公開コメント